はてなの回想録(気になる製品や観光など気になることならなんでも)

はてな回想録では、きになることならなんで(製品や旅行(観光・旅館)追求していくブログです。
MENU

大阪観光の見所と言えばどこでしょう?

大阪の高級ホテル
浄瑠璃の舞台となった「キタ」大阪のキタを舞台に作品を書いたのが、浄瑠璃・歌舞伎作家の近松門左衛門だ。元禄時代にキタで起こった心中事件をもとにした「曾根崎心中」(1703年)で、庶民を題材にした「世話もの」(世話浄瑠璃)と呼ばれる新しいジャンルを打ち立てた。その作品の舞台となったのが「お初天神」の名で親しまれてきた「露天神社」でありんじ曾根崎新地の遊女の心中事件を扱った「心中天網島」でも曾根崎界隈が出てくる。これらの作品に登場する歓楽街の北新地は、江戸時代には堂島新地と呼ばれていたエリア。堂島新地と曽根崎新地が一体となり、現在のような「北新地」ができ上がるのは明治も終わりに近づいてからのようだ。...

» 続きを読む

食事で生み分けはできるのでしょうか?

産み分け
栄養学的・医学的に意味がない。かつての日本では、男女を生み分ける大きな要因は食事にある、と信じられてきました。つまり、男の子を生みたいときは、女性はアルカリ性の食品を食べ、男性は酸性の食品を食べるとよいというものです。女の子を生みたいときは、その逆だというのです。アルカリ性の食品というのは、野菜やくだものなどの植物性食品がその多くを占めています。一方、酸性の食品というのは、タンパク質や脂肪、炭水化物などをふくむ動物性食品が主となります。それらの食品を食べ分ける目的は、体液を酸性化したり、アルカリ性化したりすることにありました。膣のなかが酸性かアルカリ性かによって、Y精子に有利か 精子に有利かが...

» 続きを読む

ページランク

このページの先頭へ