はてなの回想録(気になる製品や観光など気になることならなんでも)

はてな回想録では、きになることならなんで(製品や旅行(観光・旅館)追求していくブログです。
MENU

脳トレピアノ|大人のピアノ初心者が上達した方法

大人のピアノ初心者が上達した方法

 

昨日の晩ごはんがパっと思い出せない・・・という方。ご存知でしょうか。今、脳科学者は趣味にピアノをお薦めしています。今、テレビで人気の脳科学者が「脳トレにはピアノが最適」と話しています。なぜ、ピアノは脳トレに良いのでしょうか?

 

実は、ピアノ演奏は右脳と左脳、運動神経、情緒性(穏やかで豊かな心)を鍛えるのに、とても優れているんです。手は『第2の脳』と言われています。なぜなら、手は全身の感覚器官の中でいちばん敏感な部分で、脳(大脳皮質)の面積も一番広いのです。そのくらい、手と脳は密接な関わりがあります。

 

ですから、もしあなたが「最近もの覚えが悪くて・・・」「昨日の夕食もすぐに思い出せない」と、脳の衰えを感じているのであれば、この第2の脳である手=指先を鍛えることをお勧めいたします。⇒ピアノを大人の初心者が驚きのスピードで上達した秘密の楽譜。実際に、ピアノを弾くと脳にどんな刺激があるのでしょうか?実は、ピアノの優れたところは、右脳だけではなく左脳も鍛えられる点です。

 

ピアノを演奏するには、メロディだけでなく、曲のテンポや音の高さ、曲の構成などを分析する力がなくてはいけません。これは、左脳の働きですね。ですからピアノは、右脳だけでなく左脳もいっしょに働かせることによってすばらしい演奏ができるのです。

 

また、右脳と左脳を同時に使うことによって、脳の持つ能力が最大限に発揮できると言われています。つまり、あなたの脳を活性化し、運動神経も活発にします。脳のたくさんの部分を一気に使うので、これほど効率よくできる脳トレはないのですね。だからこそ、脳科学者は「ピアノが脳トレに最適な趣味」と言うのです。

 

しかし、ここで壁があります。「音楽なんてやったことないし・・・」「カラオケは得意だけど、楽譜は全く読めない」「そんなに指が動かない」「ピアノ教室がどこにあるのか分からないし」そうなんですよね。あなたが幼い頃からピアノを弾いていたならともかく。初心者であれば、当然ピアノをいきなり始めるのはちょっと・・・と思ってしまうでしょう。ところが、そんなあなたにもピッタリの練習方法があります!

 

・わざわざピアノ教室に出向いて行く必要がない
・覚えに自信がなくても、同じレッスンを何度でも繰り返し受けられる
・ドレミが全く読めなくても両手でピアノが弾ける
・好きな時間に好きなだけレッスンできる

 

好きなときに、好きなだけ、繰り返し同じところを練習できたなら、きっとピアノの腕前もグングンと上達しそうですよね。このレッスンDVDは、初めてピアノに触る方のために、ピアノの弾き方を1から丁寧に解説しています。しかも、「読む」「見る」「弾いてみる」の3ステップであなたも自宅で、短期間でピアノをマスターできます。ドレミを一生懸命読んだり、覚えたりしなくても、楽譜にはすべてドレミが書いてあります。

 

これまでピアノを習ったこともないような大人でも弾けた、という感動の声がたくさん届いています。気がついたらピアノが弾けて、脳も活性化!脳トレに最適なピアノ。しかも、初めてでも短期間で弾けるようになるなら。ちょっと嬉しいですね。

 

憧れのピアノを弾いている自分を想像しただけで毎日にハリと潤いが生まれてくると思います。今、60代、70代の受講者数がどんどん増えている、人気のピアノレッスンDVDです。この機会に、憧れのピアノにチャレンジしてみませんか?

 

» 続きを読む

大阪観光の見所と言えばどこでしょう?

大阪の高級ホテル

 

浄瑠璃の舞台となった「キタ」

 

大阪のキタを舞台に作品を書いたのが、浄瑠璃・歌舞伎作家の近松門左衛門だ。元禄時代にキタで起こった心中事件をもとにした「曾根崎心中」(1703年)で、庶民を題材にした「世話もの」(世話浄瑠璃)と呼ばれる新しいジャンルを打ち立てた。その作品の舞台となったのが「お初天神」の名で親しまれてきた「露天神社」でありんじ曾根崎新地の遊女の心中事件を扱った「心中天網島」でも曾根崎界隈が出てくる。

 

これらの作品に登場する歓楽街の北新地は、江戸時代には堂島新地と呼ばれていたエリア。堂島新地と曽根崎新地が一体となり、現在のような「北新地」ができ上がるのは明治も終わりに近づいてからのようだ。なお、平成9年3月、JR東西線北新地駅が開業し、大阪市内をはじめ、神戸や京都から北新地に行くには便利になった。

 

鉄道とともに発展してきた梅田

キタといえば、まず梅田を思い浮かべる人が多い。しかし、明治以前の梅田はひっそりとした、賑わいとは無縁の土地だったという。意外な感じもするが、かつての梅田は田畑や沼地が広がる場所。それらを埋め立てたことから「埋田」という地名が生まれ、それが後に、美しい文字に替えられて、現在の「梅田」となったという。明治初期、大阪~神戸間に鉄道が開通した際、「大阪駅」がこの「梅田」に設けられた。それによって、駅周辺部の急速な発展が始まり、大阪の玄関口として広く、梅田が認められるようになった。

 

ミナミの象徴「道頓堀」

 

大坂城築城時、豪の開削にも参加した安井道頓と従兄弟の道トが手がけた堀で、1615年に完成。後に大坂城主の松平忠明が、功績をたたえ「道頓堀」と名付けたといわれている。1660年代から劇場ができはじめ、歌舞伎や人形浄瑠璃も演じられた。日本橋の北詰東には、「安井道頓・道ト紀功碑もばが立っている。2004年12月、戎橋から太左衛門橋間に道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」が開通し、川辺の散歩を楽しむことができる。

くいだおれの街「ミナミ」

江戸時代、政治は江戸、経済や物流の中心は大阪で「天下の台所」と呼ばれ、全国からあらゆる食材が集まった。大阪の食文化はこの頃から大いに発展し、「京都の着倒れ」に対して「大阪の食い倒れ」という言葉まで流行した。くいだおれの街らしく、大阪で生まれた食べ物も多い。とくに、ミナミはたこ焼きお好み焼きをはじめ、うどんや大阪寿司など大阪らしい飲食店が軒を連ねている。道頓堀の浪花座跡には大阪人の食をテーマにした「道頓堀極楽商店街」もある。

 

織田作之助と「法善寺横丁」

大阪を代表する作家で「オダサク」の愛称で親しまれた織田作之助(1913~1947)。太宰治などと同時代の人で、彼の小説「夫婦善哉」で一躍、全国的に知られるようになったのが法善寺横丁だ。「夫婦善哉」には、グルメ雑誌のように、法善寺横丁の名店をはじめとした大阪のうまいもんがいろいろと出てくる。小説は、だめな男としっかり者の芸者を主人公に、大阪の下町を描いたもの。くいだおれる前に読んでおくとより大阪の料理に愛情がもてそうだ。

 

大阪の観光を思う存分堪能するためにも良きホテルを選びたい物ですね。チョット贅沢に大阪の高級ホテルで大阪観光の良い思い出を残したい物ですね。

 

» 続きを読む

食事で生み分けはできるのでしょうか?

産み分け

 

栄養学的・医学的に意味がない。かつての日本では、男女を生み分ける大きな要因は食事にある、と信じられてきました。つまり、男の子を生みたいときは、女性はアルカリ性の食品を食べ、男性は酸性の食品を食べるとよいというものです。女の子を生みたいときは、その逆だというのです。アルカリ性の食品というのは、野菜やくだものなどの植物性食品がその多くを占めています。

 

一方、酸性の食品というのは、タンパク質や脂肪、炭水化物などをふくむ動物性食品が主となります。それらの食品を食べ分ける目的は、体液を酸性化したり、アルカリ性化したりすることにありました。膣のなかが酸性かアルカリ性かによって、Y精子に有利か 精子に有利かが決まるので、体液ごと酸性またはアルカリ性に変えてしまおうというわけです。

 

しかし今では、体液や血液が、食物によって簡単に酸性やアルカリ性に変化することはないということが、栄養学的にも医学的にも実証されています。人間の体液は普通弱アルカリ性に保たれ、少し酸性に傾くとそれをもとに戻す機能が備わっています。また、腟内や子宮内の酸性度は生理的な周期で変化しているのであって、食事内容には左右されません。

 

» 続きを読む

ページランク

このページの先頭へ